kimagure na news!
www.comitia.co.jp
2016-01-25 01:00:00.0

オリジナル作品なら何でもあり?! 「コミティア(COMITIA)」の魅力

2016年1月31日に「コミティア(COMITIA)115」が開催されます。「コミティア(COMITIA)」は年4回開催されている完全「オリジナル作品限定」の展示即売会です。第1回開催は1984年で、30年以上の歴史があり、これまでに多くの新人漫画家やクリエイターの発掘の場となってきました。そんなコミティアの魅力をご紹介します。

オリジナル作品なら何でもあり?! 「コミティア(COMITIA)」の魅力
www.comitia.co.jp

コミティア(COMITIA)とは?


年4回(概ね2月、5月、8月、11月)開催されている、オリジナル(創作)作品限定の同人誌即売会のことで、東京ビックサイトを会場としています。「同人誌」というと、漫画やアニメなどの「二次創作」のイメージが強いため、コミティア実行委員会は自身のイベントのことを「自主制作漫画誌展示即売会」と称し、区別しています。

コミティア(COMITIA)の会場の様子
top.tsite.jp


コミケなどの他の同人誌即売会とは異なり、コスプレが禁止されているという点が特徴的です。東京以外の、関西、名古屋、新潟、北海道、福島での開催もあり、オリジナル作品限定のイベントとしては全国最大規模となります。

 

多種多様な作品媒体


コミティア(COMITIA)の会場の様子2
ebook.itmedia.co.jp


コミティアで展示・販売されるのは漫画や絵本、写真集などの本に限らず、自主製作のゲームやCDなどのメディア作品、フィギュアやプラモデル、ドールなどの立体作品、Tシャツやキャップなどのアパレル品、ネックレスやブローチなどのアクセサリー類などなど、他社の著作権を侵害しないものならどんな媒体でもOKです。そのため、非常に幅広い層が参加するのがこのイベントの特徴で、コミケの男性向け作品のタッチのものから、おしゃれでデザイン性の高い作品まであるため、きっと自分好みの作品に出合えます。

 

「部活動」といわれるサークル合同企画も魅力


「音楽」や「絵本」、「歴史」など作品のジャンルを限定し、複数のサークルが参加して合同誌やひとつの作品を制作する企画のことで、主に5月開催の回で催されることが多いです。「百合」や「ショタ」などの二次創作でも多くみられるテーマから、「着物」や「格闘技」などの珍しい括りのものまで、実にさまざまです。二次創作におけるいわゆる「オンリー」企画のようなもので、より同じ趣味の人同士が交流しやすく、楽しめるというのが魅力です。

これまでにコミティアに何度も足を運んだという人も、これから初めて参加しようとしている人も、自分の好きなテーマに的を絞った部活動企画なら、自分の好きな作品を発掘しやすく、存分にコミティアの魅力を感じることができますよ!!

 

コミティア(COMITIA)115 基本情報

開催日時: 2016年1月31日(日) 11:00 ~ 16:00
開催場所: 有明・東京ビッグサイト東5・6ホール
規模: 直接参加 3500 サークル/個人
一般参加方法: ティアズマガジンを事前に書店で購入(1.300円)、または当日会場で購入(1.000円)
主催: コミティア実行委員会
公式サイト: https://www.comitia.co.jp/index.html

※当日参加できない方は、見本誌読書会が後日開催されますので、COMITIA115で提出された見本誌を自由に読むことができます。

2016年開催コミティア(COMITIA)情報

コミティア(COMITIA)116 基本情報

開催日時: 2016年5月5日(木祝) 11:00 ~ 16:00
開催場所: 有明・東京ビッグサイト東4・5・6ホール
規模: 直接参加 5000 サークル/個人
主催: コミティア実行委員会
公式サイト: https://www.comitia.co.jp/index.html

 

 コミティア(COMITIA)117 基本情報

開催日時: 2016年8月21日(日) 11:00 ~ 16:00
開催場所: 有明・東京ビッグサイト東5・6ホール
規模: 直接参加 3500 サークル/個人
主催: コミティア実行委員会
公式サイト: https://www.comitia.co.jp/index.html

 

  アニメ・ゲームの関連記事